メガソーラーで電力を作る|地球に優しいエコ装置

一軒家

不動産投資で成功する秘訣

不動産屋

頭を悩ませる家賃滞納

不動産投資を成功させるためには、まず魅力的な収益物件を保有することが重要です。しかし、魅力的な収益物件を保有したからといって、成功するとは限りません。安定した家賃収入を長期的に得るためには、何より賃貸管理を万全にしなければなりません。賃貸管理を疎かにすると、安定した家賃収入を得るどころか家賃収入をまったく得られなくなる恐れがあります。そのため、賃貸管理を任せることになる不動産管理会社は、厳しい目で厳選する必要があります。賃貸管理を疎かにすることは、2つの大きな問題を引き起こします。1つ目の問題が、家賃滞納リスクを大きく高めてしまうことです。家賃滞納は、オーナーが最も警戒すべき問題です。家賃収入を得ることができない上に、新規に入居者を募集することさえできません。また、裁判となる恐れもあり、手間と労力と費用がかかってしまいます。

大問題の入居率の低下

賃貸管理を疎かにすることで引き起こる2つの問題は、入居率の低下です。賃貸管理を任せることになる不動産管理会社は、入居者の募集を行うことになります。適切に入居者を募集する必要があるほか、不動産仲介業者と密な連携を取らなければなりません。これが疎かになると空室期間が長引くことになり、入居率が低下してしまいます。また、入居者のトラブルにきちんと対応しないと、入居者が退去する恐れがあります。これも入居率を低下させてしまうため、トラブルが起きたらすぐに対応してくれる不動産管理会社でなければなりません。その他、物件の老朽化にきちんと対応しないことも、入居率に悪影響を与えます。定期的に物件を巡回してくれる不動産管理会社を選び、老朽化する前に修繕を提案してもらう必要があります。